和装の種類

和装は、日本の婚礼衣装の定番でしたが一時期ウェディングドレスが流行ったころには衰退しました。ところが最近はまたこんな和装の婚礼衣装の人気が高まって来ています。そんな和装の種類をご紹介します。

白無垢

頭の先からつま先までを全て白で統一した婚礼衣装です。挙式に白無垢を着るのにはわけがあります。「神聖な儀式に挑む」「邪気を払う」事などです。草履から掛下、帯、打掛けまで全てのものが白なのです。昔は、この白無垢が花嫁衣装の定番でした。時をさかのぼる事、室町時代から白無垢が受け継がれているのです。この白無垢は、挙式の際だけになります。披露宴には、引き振袖や色打掛けなどのカラーの着物を着ます。

引き振袖

引きずるほど長い裾の振袖を言います。引き振袖の他にも名称があり、大振袖、本振袖、お引き、引きずりなどと呼ばれる事もあります。カラーや模様はたくさんありますが、赤、白、黒が定番のようです。

引き振袖 黒引き

引き振袖の黒地のもののことを言います。江戸時代には、この衣装は武家の娘の婚礼衣装でよく使われていました。大人な雰囲気を演出してくれる黒引きですが、最近は若い女性に人気が高まっています。

色打掛け

色々なカラーを使った打掛けの事を言います。金色の入った柄が人気が高いです。他には、赤や白、緑、黒、銀、紫など本当にカラーが豊富です。柄には、縁起のいいものが入っていることが多いです。鶴や、亀、松などです。色打掛けは、披露宴などのお色直しなどで着ます。若い女性などにも人気が高いのが色打掛けです。

披露宴会場の雰囲気は、すごくアットホームな雰囲気で行うことができました。料理はどれもおいしくて、友人からの感想もすごく良かったです。スタッフの方も、気配りのできる方ばかりだったので、気持ちよく披露宴することができました。もともと私たちは、アットホームな感じを希望していたので、希望通りの式が挙げられました。にぎやかで、大人数の人を呼びたいというのであればちょっと向いてないかもしれません。

その時に知った結婚指輪に込められた意味とご紹介します。古くから指輪には契約の証明というような意味合いがあったそうです。時がたち、婚約の際に宝石を指輪に加工して相手に贈るという習慣ができたそうです。現在、主に使われているのはダイヤモンドとプラチナの組み合わせで、ダイヤモンドは夫婦の絆の固さと純真さを象徴していると言われているそうです。プラチナは比較的固くて傷がつきにくいことから選ばれるようになったそうで、そう考えるとやっぱりダイヤなのかなと思ってしまいます。